保険料を検討する際に重要なポイント

FP.com

保険選びのポイント

保険のポイントというのは、自分の生活の中でどれが重要であるのかを判断するということと費用に関して無理なく支払いをすることができるということになります。そうすることで、保険に対して必要なものが見えてくれるのです。

保険に入る・見直すタイミング

no.1

結婚したとき

第1位は何といっても結婚したときになります。結婚すると生活やお金について、様々な面での見直しが必要なのです。結婚することで必要な保険も変わってくるので、独身時代と比較するとどういう点が違うのかを見直す必要があります。

no.2

妊娠・出産したとき

妊娠・出産は人生の一大イベントです。妊娠中は、これから生まれてくる赤ちゃんのためにも必要なものを揃えたりといろいろと忙しくなります。さらに、新しく家族が増えるということは、事故の心配やこれからの教育などのリスクを考えて保険を見直す必要があるのです。

no.3

住宅を購入したとき

住まいの購入となるとほとんどの方が、住宅ローンを組みます。その際には、団体信用保険に加入することが条件となっています。生命保険の必要保障額のうち、住居費用が団信でカバーされるので万が一のことが起きても、残された家族から住宅ローンの返済の不安が無くなります。そのため、住宅の購入は現在加入している保険を見直す良い機会なのです。

no.4

子供が自立したとき

子供が生まれてから社会に出るまで、親は子供の生活を保障するためにも様々な保険を準備します。そこ子供が自立すると、教育費や生活費、経済的な負担などあらゆるリスクから解放されます。このタイミングでこれまでに加入してきた保険を見直す必要があります。

no.5

リタイアに向けて

定年を迎えて、リタイヤ後の生活を考えると、色々と準備することや心配事が出てきます。退職してからの人生を楽しむためにも、保険について見直す必要があるでしょう。

保険を考える

説明

保険料の支払いについて

保険には様々なタイプがあります。そのため、保険によって金額が一生同じのものと、ある一定の期間を超えると金額が膨れるといったものものがあります。そのため、長期的な運用を行う際にはしっかりそういった点を比較するようにしましょう。

保険料の総額

保険というものは大きな買い物になります。そのため、保険を決める際には自分の中で支払いの総額についてしっかり検討したうえで決めるようにしましょう。

負担金について

負担金というのは、実際に支払いした保険料金から、戻ってくるお金のことをいいます。保険の支払いをした金額から負担金を引いた金額こそが、事実上必要となる保険料金なのです。